一人暮らしの家電・家具の選び方

一人暮らしの家電・家具の選び方

一人暮らしを始めるにあたって、そろえたい家具や家電は、住む家の設備や間取りなどによって違いますが、およそワンルームか1DK位の部屋に住むとすれば、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ、テレビ、炊飯器、食器棚、テーブルかこたつ、カラーボックス、クローゼット位でしょう。

エアコンはついていないと困るので、ない場合は購入する必要があります。

それに掃除機やアイロンを必要に応じて購入します。最近は掃除機がなくても粘着テープでごみやほころを取るものや使い捨てのモップのようなものでも掃除することができます。

一人暮らしの家電選びとしては、洗濯機なら4kgから5kgの全自動洗濯機があればいいでしょう。その中で経済的に余裕があるなら隣近所にあまり聞こえない静かに運転をするタイプのものを選ぶと、深夜や早朝意外なら洗濯することもできます。

冷蔵庫も一人暮らし用の1万円後半くらいから3万円くらいのものでよいでしょう。そしてこれも経済的に余裕があるなら、冷凍庫が少しでも大きい方が一人暮らしには便利かもしれません。

また低価格でいいと一番安いものを購入した場合、冷凍庫の霜取りを自動でしてくれないものも多いので、放置していたら霜が固まっていって冷凍庫がどんどん狭くなっていきます。そのたびに中のものを出して溶かさないといけないのです。

電子レンジは解凍できればよいでしょう。料理好きな人はオーブン機能がついているものもよいでしょう。

テレビはビデオがついているものの方が一台で二つの役目ができ、値段も手ごろです。

炊飯器は3合でも十分なので、数千円で購入できます。

家具な選びとしては、食器棚は一人暮らしなので、少しの食器や、保存できる食べ物を収納できればいいので、小さくても充分でしょう。

テーブルはないと困りますが、冬にはこたつになるものが便利でしょう。

あと、カラーボックスなどは本などをかたづけるために合った方が便利です。自分で組み立てるものは2千円くらいと安く購入することができます。

クローゼットも持っている衣服やカバンなどの数にもよりますが、収納するものの量に合わせて購入します。

これらの家具や家電は値段はどれもピンからキリまでです。3月ごろには一人暮らし用のセットとして販売されている家電店もあります。

その後の生活に余裕を持たせるために、家具や家電にはそんなにお金をかけないで、最低限のものでいいのですが、冷蔵庫の霜取りや洗濯機の音など、のちのち困ることが出てくるのであれば、購入時に少し値段が上がりますが、考慮して購入することをおススメします。